日常的にお菓子を食べる習慣は回避するように努力しましょう。

MENU

おやつを食べるリスク

 

お昼をしっかりと食べたのに小腹が空いてします。
空腹を感じると仕事の効率に影響が出かねませんし、何より我慢するのがつらいです。
そうした際に行ってしまうのがお菓子などの間食です。

 

お腹騙しについつい手が伸びてしまいますが、食べ過ぎると栄養のバランスが崩れてしまいます。
間食を控えることは健康にも大きく貢献するので意識するようにしましょう。

 

ここでは間食のリスクと、どうしてもお腹が空いた時に食べる物を紹介します。

 

間食のリスク

1日3食の食事以外に食べる物を間食とします。
間食では気軽に食べられるお菓子が食べられがちで、仕事中の合間に手を伸ばす人も多いです。

ドーナツを食べる女性

 

こうした間食で最もリスクになるのが過度なカロリー摂取による肥満です。
3食の食事だけでもカロリーオーバーしがちな現代人にとって間食は肥満の原因と言って良いでしょう。

 

間食するのが日常的になると1日4食も食べていることになります。

 

ちなみに、朝を食べていないから間食しても良い、ということにはなりません。
なぜなら栄養バランスが大きく異なるからです。
特定のお菓子だけを食べていると摂取できる栄養が限られてしまい、栄養のバランスが崩れてしまうのです。
時々の間食なら問題はありませんが、日常的にお菓子を食べる習慣は回避するように努力しましょう。

 

間食に良いもの

頭では間食しないようにすると決めていても、やはりどうしても空腹感が強くなることはあります。
そうした際に無理に我慢していてはストレスになりますし、仕事の効率を落としてしまうでしょう。

 

そこでおすすめしたいのがナッツ類の間食です。
アーモンドやピーナッツなどは太りにくいですし、意外と食べ応えがあるので空腹を紛らわせられます。
健康にも良い食品なので健康に配慮するならナッツ類がおすすめです。
ヒマワリの種やカボチャの種なども身体に良いので間食に良いでしょう。
どうしても我慢出来ない場合は、なるべく普段食べないお菓子を食べるようにしてください。